自分やパートナーがカントン包茎であることを知っていても、具体的な知識まで知らないという人は少なくありません。カントン包茎は早急な治療が必要な場合もあります。知識がなければ正しい方法でカントン包茎が解決できない可能性があるので、基本的な情報をしっかりと知っておくことが大切だと言えます。

治療が必要な理由から具体的な解決方法まで理解しておけば、いざというときに適切な行動を起こすことができるはずです。何もわからない人でも理解できるカントン包茎のやさしい解説を参考にして、基礎知識を身につけるようにしておきましょう。

カントン包茎は亀頭や陰茎が締めつけられる

包茎には様々な種類がありますが、カントン包茎は包皮の先端である包皮口と呼ばれる部分が小さいことで起こる症状です。カントン包茎の場合は、亀頭や陰茎が締めつけられるという問題を引き起こします。仮性包茎の1種として説明されることが多いですが、一般的な仮性包茎は皮を簡単に剥くことができるのに対して、カントン包茎の場合は痛みが生じて包皮を剥くことが難しいです。

亀頭の下の部分まで剥くと締めつけや痛みを感じる人もいれば、亀頭の途中でも強い痛みを感じてしまう人もいます。亀頭の大きさや包皮口の狭さによって痛みの強さは違っており、症状の程度は個人差がありますが、包皮口の狭さが原因で締めつけや痛みが感じられる場合はカントン包茎に当てはまると知っておきましょう。普段から積極的にペニスの皮を剥いていなければ、自分がカントン包茎であることに気づいていないというケースもあります。

ですが、カントン包茎の場合は仮性包茎と違って痛みが生じやすく、治療が必要となることが多いので症状を把握しておくことが大切です。この症状に該当する場合は、これによって起こる問題や解決方法を具体的に知っておくべきだと言えます。

カントン包茎を放置しておくと性行為に支障が出る可能性がある

カントン包茎は皮を剥くことで痛みを感じやすいですが、これを放置していると性行為の際に支障が出る可能性があります。性行為を行うときには摩擦で皮が勝手に剥けてしまう恐れがあり、これによって無理やり亀頭の下まで皮が剥けてしまい、激しい痛みを感じることもあるでしょう。コンドームを装着すれば皮の動きが制限されるので、痛みを感じないケースもあります。

これによって対処できるのであれば治療は必要ないと思うかもしれませんが、いずれ子供がほしいと考えるのであれば避妊具なしで性行為ができるようになる必要があるでしょう。避妊具を用いずに性交渉をしたことがない人は、子作りの段階になって初めて痛みがあることに気づくというケースもあります。子作りを行うときに痛みが生じそうな場合は、なるべく早いうちから治療を検討しておくことが大切です。

包茎手術を行ったとしても、すぐに性行為ができるようになるわけではありません。施術による出血がなくなるまで性交渉を控える必要がありますし、これまで露出していなかった部分が露出するので、刺激に慣れるまで上手く性行為ができないかもしれないことを理解しておくことが重要です。

自力もしくは手術でカントン包茎を改善することができる

カントン包茎を改善したいと考えるのであれば、自力で包皮口を広げることによって解決するか包茎手術を行うことが必要となります。自分の力で治したい場合は、無理のない範囲で皮を伸ばすようなトレーニングをすると良いです。勃起した状態でペニスの根元に向かって皮を下げていき、痛みを感じないギリギリの部分でキープします。

皮を下げすぎると激しい痛みの原因になるだけではなく、亀頭に引っかかって元の位置に戻らなくなる可能性があるので注意してください。道具などを用いなくても症状を改善していくことができますが、手術と違って改善までに長い時間が必要となることが多い点に注意が必要です。包茎手術を行う場合は皮を切ることによって問題を解決します。手術は日帰りで行うことができ、施術時間は数時間ほどです。

短時間で施術が完了しますが、問題なく性行為ができるようになるまでには、数週間ほどかかってしまうことが多いと知っておきましょう。カントン包茎は治すことができる症状なので、性行為や子作りなどに支障が出る可能性がある場合は、早めに改善するべきだと言えます。急ぎで解決したい場合は、手術を行うことを視野に入れてください。

まとめ

自分やパートナーがカントン包茎の場合は、この症状についての正しい知識を持っておくことが大切です。カントン包茎の症状や問題点、治療方法などの基本的な知識を持っておけば、適切な行動を起こすことができるようになります。

人によってはカントン包茎でも問題ない場合がありますが、性行為を行う際に痛みを感じたり、子作りを行う際に支障が出てしまったりすることがあるので注意が必要です。性行為などに支障が出る場合は、自力もしくは手術を行うことでカントン包茎が改善できるので、これらの方法で解決することをおすすめします。

PRホームページ
カントン包茎手術に踏み切れない方はこちらへ
まずは無料カウンセリングでのご相談受け付けております

【メンズサポートクリニック】
【TEL】0120-76-6800
【新宿院】東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル3階
【横浜院】神奈川県横浜市西区南幸2-11-1 横浜MSビル6階